小児科・新生児科

小児科・新生児科

令和4年8月1日から予約制となります。

特徴

令和4年度は、当科は常勤医6人体制にて診療を行っております。
当科は両磐地区、奥州市や宮城県北の一部の小児医療の中核として一般外来、慢性外来、乳児健診、予防接種、時間外診療、および入院業務を行ってきております。非常勤として齋藤智子先生に一般外来や予防接種等の応援をいただいております。慢性疾患外来については、岩手医大より心臓外来、腎臓外来、神経外来、血液外来、もりおかこども病院の米沢院長先生よりの診療応援をいただいております。診療応援をいただいております先生方にはこの場をかりて感謝申し上げます。

外来

外来は、月・火・木・金曜日の午前中は一般外来を行っております。ここでは急性期疾患を中心とした診療を行っております。また、月曜日の午後は予防接種、水曜日は全日乳児健診(午前中は6~7ヶ月・9~10か月・1歳児健診、午後は1か月健診)、火・金曜日の午後は慢性疾患外来の診療を行っております。

入院

入院につきましては、気道感染症、急性胃腸炎等急性疾患や気管支喘息発作といった疾患の入院が多くを占めました。その他、熱性けいれん、てんかん、川崎病等様々な疾患の入院がありました。
両磐地区、奥州市や宮城県北の一部の小児医療につきまして、慢性疾患外来や入院業務を中心とした同地域における中核的な役割を担った医療を今後とも継続して提供していけるように心がけていきたく存じます。
文責 : 丸山 秀和
 
「学校生活管理指導表」発行料金の改定について
当院では、患者さんからのご依頼により、「学校生活管理指導表」を発行しております。

令和4年度入院患者数、外来患者数

◆小児科入院患者延数 2,671件
◆小児科当年度入院 518件
◆小児科外来患者延数 7,094件
◆小児科新患者数 1,224件

  

入院

 

  1,509人
超低出生体重児 2人
極低出生体重児 1人
低出生体重児 83人
新生児黄疸 35人
感染症 81人
低血糖症 9人
先天性心疾患 0人
染色体異常 0人

その他

1,298人
外科

 

  806人

シナジス接種適応患児

85人

その他、慢性外来
(健診・予防接種など)

5,634人

診療予定表

 

 

 

ブロックA

小児科

  午前
午後
火        備考

 紹介
 再来   

午前 外来担当医 外来担当医 外来担当医 外来担当医

【外来担当医】
丸山秀和
矢野潤
東梅ひろみ
齋藤智子
佐藤紀夫
金森啓太

※うち3~4名が交代で診療します

新生児外来
【予約制】
午前 天沼史孝
午後 天沼史孝 天沼史孝 天沼史孝
慢性外来
【予約制】
午前午後 金森啓太 東梅ひろみ 矢野潤 佐藤紀夫 丸山秀和
予防接種
【予約制】
午後 外来担当医
乳児検診
【予約制】
午前 外来担当医
1ヶ月検診
【予約制】
午後 外来担当医
慢性外来 午前

(腎臓)第1,2,3応援:岩手医大

(心臓)第4応援:岩手医大

(神経)第4応援:岩手医大(※再来患者のみ) (心臓)第1応援:岩手医大
(神経)第2応援:岩手医大(※再来患者のみ)
 
午後

(内分泌)奇数月第4・偶数月第3 応援:岩手医大

(心臓)第2応援:岩手医大
(血液)第4応援:岩手医大

(神経)第4応援:岩手医大(※再来患者のみ) (心臓)第1,3,5応援:岩手医大
(神経)第2応援:岩手医大(※再来患者のみ)
 

 

スタッフ紹介

小児科
医師名 役職 卒業年 主な資格等 専門分野
丸山 秀和
(まるやま ひでかず)
第1小児科長
1997年
日本小児科学会 小児科認定医 専門医
医学博士
小児科一般
東梅 ひろみ
(とうばい ひろみ) 
第2小児科長
1997年 
日本小児科学会 小児科専門医 
小児科一般 
佐藤 紀夫
(さとう のりお)
小児科医長
 2013年

日本小児科学会

日本小児感染症学会

日本小児循環器学会

小児科一般

金森 啓太

(かなもり けいた)

小児科医師 2014年 

日本小児科学会 小児科専門医

日本小児神経学会 小児神経専門医

日本小児神経学会 発達障害診療医師

日本てんかん学会 てんかん専門医  

日本頭痛学会

BLSインストラクター

PALSインストラクター

小児神経内科

小児科一般

新生児科
医師名 役職 卒業年 主な資格等 専門分野
天沼 史孝
(あまぬま ふみたか)
新生児科長
1997
日本小児科学会 小児科認定医 専門医
日本DMAT隊員
日本周産期・新生児学会 新生児蘇生法「専門」インストラクター
ICD(ICD制度協議会)
災害時小児周産期リエゾン
日本小児科学会
出生前コンサルト小児科医
小児科一般



関連リンク