病院指標

病院指標

平成29年度 岩手県立磐井病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分0~10~20~30~40~50~60~70~80~90~
患者数 851 180 84 171 266 527 1080 1,380 1,320 319
 当院は地域医療支援病院であり、質の高い医療を幅広い年齢層の患者に提供しています。全体で見ると高齢化の影響で60歳以上の患者の頻度が高く、全体の約66%を占めております。
 また、地域周産期拠点病院として岩手県奥州市から宮城県北(栗原市、登米市、気仙沼市)にわたる広い医療圏を有していることもあり、10歳未満の患者が全体の約13%を占めています。
 
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
呼吸器科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 77 2.64 3.59 1.30 70.47  
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 43 5.63 11.99 0.00 72.65  
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 33 12.48 14.60 0.00 77.48  
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 21 10.81 19.65 4.76 74.62  
040120xx99000x 慢性閉塞性肺疾患 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 17 9.18 13.83 0.00

78.94

 
 呼吸器科では、肺腫瘍についての検査入院が多くなっています。入院中には気管支鏡検査やCT検査を実施しています。
 他には、肺炎や慢性閉塞性肺疾患(COPD)の症例の入院が多くなっています。肺炎は年齢が上がると比例して重症度が上がる傾向があり、入院期間も長期間になる場合があります。
 また、当院では肺がん患者に対する化学療法治療を目的とした治療入院も行っています。
 
消化器科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 89 8.83 10.61 4.49 76.00  
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 44 9.09 8.73 0.00 73.43  
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む) その他の手術あり 手術・処置等2なし 42 13.00 11.44 0.00 73.81  
060280xxxxxxxx アルコール性肝障害 41 8.29 15.23 4.88 64.20  
060060xx97100x 胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 36 13.92 15.55 11.11 76.36  
 消化器科では胆管結石やそれに伴う胆管炎の症例が多くなっています。この入院では内視鏡を使った手術等により治療を行っています。
 また、消化器官における悪性腫瘍に対する治療の入院も多くなっています。ここでの治療は主に内視鏡やカテーテルを使用した治療を行っているため、入院期間は概ね10日間となっています。

 ※国で定められた項目(短期滞在手術等基本料3)に該当する診療は集計対象外です。
  例:ヘルニア手術(鼠径ヘルニア)
     内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術
     前立腺針生検法による検査
     水晶体再建術(白内障手術)  等
 
循環器科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 93 3.48 3.03 1.08 67.51  
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 81 19.20 17.71 4.94 79.07  
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 45 10.18 12.72 2.22 66.73  
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 33 9.70 11.21 3.03 80.24  
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし 1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 28 4.32 4.62 0.00 69.93  
 循環器科では狭心症や心筋梗塞、心不全に対する心臓カテーテル検査及び治療のための入院が多くなっています。
 主な検査・治療としては心臓カテーテル検査(血管からカテーテルを挿入して行う検査)や狭くなった血管を「バルーン」や「ステント」と呼ばれる器具を用いて、狭くなった箇所を広げる治療を行っています。
 
小児科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 174 5.48 5.94 0.00 1.49  
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 133 5.07 6.32 0.00 3.41  
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 118 5.47 5.70 0.00 4.69  
030270xxxxxxxx 上気道炎 95 4.59 4.84 0.00 1.36  
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 68 4.63 5.50 0.00 1.68  
 小児科では、喘息疾患を始めとし肺炎・急性上気道炎というように急性疾患が多くなっています。
 入院期間は5~6日となっており、喘息発作や急性気管支炎・RSウイルス気管支炎といった症例での入院が多くなっています。
 
外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 56 7.09 8.98 0.00 67.14  
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 38 13.95 15.61 0.00 73.18  
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 35 7.09 6.64 0.00 62.91  
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 副傷病なし 29 6.28 7.01 3.45 43.66  
130070xx99x00x 白血球疾患(その他) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 28 4.25 8.79 0.00 72.43  
 短期滞在入院(5日以内の入院)は含まれませんので、ヘルニアや虫垂炎患者、短期入院の胆嚢摘出は含まれていません。入院患者は腸閉塞治療の患者が多い傾向です。その他は、結腸悪性腫瘍(癌)症例が多く、現在は進行癌でも約50%の症例で腹腔鏡という侵襲の軽い手術を行うようになりました。
 白血球疾患は、悪性腫瘍患者に対し、ガイドラインに則った適正な化学療法を施行しておりますが、副作用による白血球減少、感染症による入院患者が漸増しております。
 
 ※自動車賠償責任保険(交通事故による負傷)や労災保険(仕事中の負傷)、自費等による診療は集計対象外です。
※国で定められた項目(短期滞在手術等基本料3)に該当する診療は、集計対象外です。
  例:ヘルニア手術(鼠径ヘルニア)
     内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術
     前立腺針生検法による検査
     水晶体再建術(白内障手術)  等
 
整形外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 172 27.21 27.09 62.79 81.45  
160820xx01xxxx 膝関節周囲骨折・脱臼 骨折観血的手術等 22 29.95 26.82 45.45 69.36  
160835xx01xx0x 下腿足関節周囲骨折 骨折経皮的鋼線刺入固定術 前腕、下腿等 副傷病なし 22 25.18 22.27 22.73 48.41  
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 21 3.33 5.21 0.00 52.71  
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 14 23.29 23.14 0.00 67.29  
 整形外科では、大腿骨頸部骨折の症例が多くなっています。手術を目的とした入院治療で患者の平均年齢が約81歳と高齢者の方が多くみられます。
 また、他にも膝関節周囲の骨折や前腕の骨折の症例が多く、いずれも手術を目的とした入院となっています。

※自動車賠償責任保険(交通事故による負傷)や労災保険(仕事中の負傷)、自費等による診療は集計対象外です。
 
形成外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術 手術・処置等2なし 13 8.54 8.50 0.00 81.77  
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1なし 12 2.58 4.86 0.00 53.00  
080006xx97x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) その他の手術あり 手術・処置等2なし 12 15.92 10.68 0.00 84.42  
14140xxxxxxxx 口蓋・口唇先天性疾患 10 6.60 9.64 0.00 7.60  
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし - 6.43 5.60 0.00 21.00  
 形成外科では、皮膚腫瘍(良性、悪性)に対する手術や先天性の口の病気に対する治療の入院が多くなっています。手術による腫瘍等の摘出と再建を目的とした入院となっており、簡易な手術である場合は概ね1週間程度の入院期間となっています。

※該当患者が10名に満たないため、患者数を非公表としています。
※自動車賠償責任保険(交通事故による負傷)や労災保険(仕事中の負傷)、自費等による診療は集計対象外です。
 
脳神経外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 49 4.33 9.68 2.04 77.02  
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 32 23.94 19.10 65.63 68.09  
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 26 13.62 7.34 26.92 62.27  
010040x199x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 17 19.06 21.36 29.41 73.94  
010040x099x01x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病あり 13 30.15 32.08 92.31 80.77  
 脳神経外科では外傷による創部のけがによる入院が全体の上位を占めています。手術の有無はありますが、頭部のけが(打撲等)や硬膜下血腫に対する治療を行っています。
 また、手術を伴わない脳内出血についての症例も多くなっています。

※自動車賠償責任保険(交通事故による負傷)や労災保険(仕事中の負傷)、自費等による診療は集計対象外です。
 
産婦人科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(膣式を含む。) 腹腔鏡によるもの等

44

8.02 6.37 0.00 45.14  
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍、腹腔鏡下膣式子宮全摘術等 24 10.00 6.28 0.00 47.04  
120140xxxxxxxx 流産 24 2.00 2.43 0.00 34.13  
120230xx02xxxx 子宮の非炎症性障害 子宮鏡下子宮中隔切除術、子宮内腔癒着切除術(癒着剥離術を含む。)等 - 2.00 2.49 0.00 47.63  
120165xx99xxxx 妊娠合併症等 手術なし - 8.67 12.02 0.00 26.17  
 産婦人科では1番目に卵巣の良性腫瘍手術、2番目に子宮の良性腫瘍手術の症例が多くなっています。
 卵巣・子宮の良性腫瘍に対しては主に腹腔鏡を用いて切除術を行っています。

※「正常分娩」での退院患者は、当該病院指標における集計対象外です。
 
神経内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0,1又は2 77 13.40 16.51 24.68 71.95  
010060x2990200 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 発症前Rankin Scale3,4又は5 21 13.33 20.12 38.10 81.10  
010060x2990211 脳梗塞(脳卒中発症3日以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病1あり発症前Rankin Scale 0,1又は2 20 14.20 18.64 35.00 74.65  
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 15 5.53 5.15 0.00 65.53  
010060x3990210 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10以上) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病1あり 発症前Rankin Scale3,4又は5 14 13.43 25.60 14.29 85.29  
 神経内科では脳血管障害、主に脳梗塞の症例が多くなっています。
 岩手県県南、宮城県県北の地域において救急の神経疾患に対応する医療機関が当院以外ないことから、脳血管障害等の救急患者が入院患者の多くを占めています。
 
皮膚科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 - 8.14 8.95 0.00 73.14  
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし - 36.67 11.73 0.00 61.67  
080190xxxxxxxx 脱毛症 - 4.00 3.60 0.00 48.67  
070560xx97x6xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術あり 手術・処置等26あり - 110.00 75.99 100.00 42.00  
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし - 2.00 8.50 0.00 81.00  
 皮膚科では帯状疱疹や急性膿皮症(皮膚の感染症)等が多くなっています。
 急性膿皮症については点滴や外用薬(軟膏薬)による治療を行っていますが、皮膚の悪性腫瘍については手術治療を行っています。

※該当患者が10人に満たないため、患者数を非公表としています。
 
泌尿器科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 36 6.42 7.64 0.00 74.75  
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 25 4.96 5.75 4.00 70.32  
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 19 9.00 11.31 0.00 75.05  
110200xx04xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的レーザー前立腺切除術 13 7.77 7.64 0.00 71.15  
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり - 3.22 3.26 0.00 4.11  
 泌尿器科では、膀胱腫瘍の症例が多く、全体の上位を占めています。悪性腫瘍に対しては内視鏡的手術を実施し患者の負担軽減に努めています。
 他には、急性腎盂炎や尿路感染症に対して抗生剤等投与による治療を目的としての入院が多くなっています。
 いずれの疾患でも平均年齢は70歳以上と高齢者の入院が多くなっています。
 
※国で定められた項目(短期滞在手術等基本料3)に該当する診療は、集計対象外です。
 例:ヘルニア手術(鼠径ヘルニア)
    内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術
    前立腺針生検法による検査
    水晶体再建術(白内障手術)  等
 
麻酔科(救急科)
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 21 15.05 20.83 0.00 82.90  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 19 11.26 12.34 5.26 81.74  
16170xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 副傷病なし 15 3.53 3.58 0.00 54.87  
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし A-DROPスコア2 11 9.73 15.12 0.00 85.45  
0400801499x003 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし A-DROPスコア3 11 10.18 16.97 0.00 87.18  
 救急科では、地域の中核病院として二次救急を中心に治療にあたっています。
 その中でも多いのが高齢者の肺炎症例です。患者の多くは平均年齢80歳以上の方で、10日程度の入院治療となっています。

※該当患者が10人に満たないため、患者数を非公表としています。
 
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
 初発再発病期分類
基準(※)
版数
Stage IStage IIStage IIIStage IV不明
胃癌 67 13 13 24 15 19 1 7
大腸癌 24 33 39 24 21 11 1 7
乳癌 16 13 - - - - 1 7
肺癌 - - 38 62 82 21 1 7
肝癌 30 - 27 - - 22 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

 当院の消化器では胃がん・大腸がん・肝がんの患者を、呼吸器科では肺がんの患者を多く診療しています。胃がんについては早期であるⅠ期の患者様の割合が高くなっています。これは、内視鏡検査等により早期発見に努めているからであり、早期がんである場合は内視鏡的治療を行うなど患者の負担を少なくしています。
 また、進行がんの場合は、外科手術、放射線治療、化学療法等を集学的に行っています。

※初発とは、自施設において、当該腫瘍の診断、診断と初回治療、あるいは初回治療を実施した場合を指します。
※再発とは、自施設・他施設を問わずに初回治療が完了した後、自施設にて患者が診療した場合や治療がん寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。
※該当患者が10人に満たないため、患者数を非公表としています。
 
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
 患者数平均
在院日数
平均年齢
軽症 - 9.00

62.00

中等症 78 10.24 73.56
重症 36 11.67 84.97
超重症 - 14.86 83.00
不明 0 0.00 0.00
「成人市中肺炎」とは、普段の生活の中で成人の方が罹患した肺炎のことです。
 当院で最も多いのは中等症の患者となっています。平均年齢をみると、重症度が上がるごとに高齢になっており、成人市中肺炎は高齢になるほど重症になることが分かります。

※重症度は、成人市中肺炎診療ガイドライン(日本呼吸器学会)による重症度分類システム(A-DROP)を用いて分類しています。
 次の項目のうち該当する項目数で重症度を分類します。なお、意識障害・ショックがあれば1項目の該当でも「超重症」とします。
  ○Age(年齢)           …男性70歳以上、女性75歳以上
  ○Dehydration(脱水)    …BUN 21mg/dL以上または脱水あり
  ○Respiration         …SpO2 90%以上(PaO2 60Torr以下)
  ○Orientation(意識障害)  …意識障害あり
  ○Pressure(収縮期血圧)   …収縮期血圧 90mmHg以下
※該当患者が10人に満たないため、患者数を非公表としています。
 
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率
3日以内 246 16.28 76.63 34.88
その他 12 16.67 73.33 1.55
脳梗塞関連の患者について、発症日から日数別に症例数、平均在院日数、平均年齢、転院率を集計したものです。
 とりわけ、脳梗塞に分類される症例の割合が高く、特に発症日から3日以内の急性脳梗塞が集計対象全体の90%以上を占めます。患者の平均年齢は75歳を超えており、いわゆる後期高齢者の方が多くなっています。平均として17日程度の入院期間で治療を行い、自宅若しくは施設へ帰られるか、約35%の患者が継続リハビリのためにリハビリを専門とする病院に転院されています。
 
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
 
消化器科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 302 0.39 2.03 0.00 67.90  
K654 内視鏡的消化管止血術 54 1.72 8.76 1.85 73.26  
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 53 2.42 6.55 5.66 76.49  
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 52 2.31 9.02 1.92 75.12  
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 47 3.21 9.45 0.00 74.15  
消化器科では大腸ポリープや大腸腫瘍に対する内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術の症例が最も多くなっています。ポリペクトミー(ポリープ切除)を目的とした短期入院が典型的な症例です。
 他にも、内視鏡を使用した消化管止血術や乳頭(十二指腸の一部)切開術の症例といったように、患者の体への負担の少ない手術が多くなっています。
 
循環器科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 28 2.25 2.79 3.57 68.39  
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 27 0.00 10.96 0.00 65.04  
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 26 2.58 8.46 0.00 79.62  
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 25 0.08 9.68 0.00 72.92  
K597-2 ペースメーカー交換術 10 2.00 2.90 10.00 82.10  
 循環器科では、虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症など)に対する経皮的冠動脈ステント留置術が多くなっています。この手術は、腕や足の血管から心臓までの管を通して病変を治療する方法です。特に緊急性の高い急性心筋梗塞に対しては迅速に対応できるように努めています。
 
外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 80 0.55 1.45 1.25 58.35  
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 59 2.46 4.41 1.69 63.31  
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 28 6.57 13.21 0.00 76.39  
K7432 痔核手術(脱肛を含む)(硬化療法(四段階注射法)) 23 0.00 0.09 0.00 63.74  
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 22 3.55 9.86 0.00 74.18  
 胆嚢摘出、鼠径ヘルニアは例年多い手術症例です。胆嚢摘出は90%以上を腹腔鏡という傷の小さい手術で行っています。
 鼠径ヘルニアは通常術後1泊入院で短期入院治療を行っています。
 また、症例の増えている結腸癌も腹腔鏡手術が導入され、高齢でも比較的早期の退院が可能になっています。

※自動車賠償責任保険(交通事故による負傷)や労災保険(仕事中の負傷)、自費等による診療は集計対象外です。
 
整形外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス

K0461

骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 148 3.87 21.45 58.78 78.99  
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨) 54 3.76 11.50 11.11 53.43  
K0811 人工骨頭挿入術(肩、股) 46 5.02 19.41 58.70 79.04  
K0463 骨折観血的手術(鎖骨、膝蓋骨、手(舟状骨を除く)、足、指(手、足)その他) 24 3.46 13.67 16.67 59.17  
K0821 人工関節置換術(肩、股、膝) 20 2.30 19.80 0.00 70.05  
整形外科で最も多いのは高齢者の大腿骨頸部骨折に対する観血的手術です。これは骨折部位の骨接合を行う手術です。入院患者には「地域連携パス」を導入し、地域のリハビリ入院ができる医療機関等と連携し治療に取り組んでいます。

※自動車賠償責任保険(交通事故による負傷)や労災保険(仕事中の負傷)、自費等により診療は集計対象外です。
 
形成外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K016 動脈(皮)弁、筋(皮)弁術 - 16.67 34.00 0.00 74.44  
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - 0.25 8.50 0.00 85.63  
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) - 0.29 1.14 0.00 48.86  
K4263 口唇裂形成手術(片側)(鼻腔底形成を伴う) - 1.00 4.14 0.00 9.86  
K0132 分層植皮術(25cm2以上100cm2未満) - 0.00 19.00 0.00 87.33  
 形成外科では、皮膚腫瘍(良性、悪性)に対する手術や先天性の口の病気に対する手術を行っています。
 患者の病態にもよりますが、短い入院期間での治療となっています。

※該当患者数が10名に満たないため、患者数を非公表としています。
※自動車賠償責任保険(交通事故による負傷)や労災保険(仕事中の負傷)、自費等による診療は集計対象外です。
 
脳神経外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 52 0.38 2.13 1.92 75.63  
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 12 1.67 53.67 91.67 72.08  
K664 胃瘻増設術(経皮的内視鏡下胃瘻増設術、腹腔鏡下胃瘻増設術を含む) - 28.83 18.00 100.00 72.17  
K1742 水頭症手術(シャント手術) - 2.50 17.75 25.00 60.75  
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) - 1.50 24.00 0.00 62.00  
 脳神経外科では、外傷等による慢性硬膜下血腫に対する穿孔洗浄術が最も多く行われています。これは、外傷後にできた血腫を頭に小さい穴をあけて吸引し、洗浄除去するものです。
 次に多いのは、脳動脈瘤の破裂を防ぐために動脈瘤の頸部にクリップをかける手術です。

※該当患者が10名に満たないため、患者数を非公表としています。
※自動車賠償責任保険(交通事故による負傷)や労災保険(仕事中の負傷)、自費等による診療は集計対象外です。
 
産婦人科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 39 1.56 5.10 0.00 41.79  
K877-2 腹腔鏡下膣式子宮全摘術 36 1.86 7.64 2.78 51.11  
K9091 流産手術(妊娠11週まで) 23 0.00 1.00 0.00 34.17  
K861 子宮内膜掻把術 10 0.00 1.00 0.00 46.30  
K867 子宮頸部(膣部)切除術 10 1.00 1.90 0.00 36.40  
 産婦人科では「子宮附属器腫瘍摘出術」が最も多く行われています。この手術は腹腔鏡を用いて行われ、開腹による手術と比較して平均在院日数が5日ほど短くなっています。 
 なおこの手術は、子宮附属器の片側または両側を摘出する手術であり、当院で手術を受けた患者の約3分の2は片側の摘出です。

※「正常分娩」での退院患者は、当該病院指標における集計対象外です。
 
眼科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 119 0.00 1.00 0.00 75.71  
K279 硝子体切除術 - 0.00 1.00 0.00 67.67  
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合) - 0.00 1.00 0.00 78.00  
 「水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)」は白内障に対する手術で、1泊2日の短期入院で実施されます。
 眼の中の「水晶体」の混濁で視力が低下した場合に、混濁した水晶体を取り除き代わりに「眼内レンズ」と呼ばれる人工的なレンズを挿入し、視力を回復させる手術です。

※該当患者が10人に満たないため、患者数を非公表としています。
 
泌尿器科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 48 1.25 4.48 0.00 75.96  
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 24 2.04 3.33 8.33 70.67  
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 15 2.73 6.20 13.33 76.13  
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術(ホルミウムレーザー) 14 2.07 6.21 0.00 70.29  
K775 経皮的腎(腎盂)瘻増設術 12 4.58 18.92 8.33 76.00  
 泌尿器科では、悪性腫瘍に対する手術が多く行われています。
 特にも、膀胱癌に対する経尿道的手術が最も多く行われています。これは、尿道より内視鏡を挿入して腫瘍を切除するもので、開腹手術と比べて患者の体への負担が少ない治療方法です。
 また、経尿道的尿管ステント留置術は、腎臓と膀胱をつなぐ管である尿管が腫瘍や結石で狭くなったり、塞がったりする状態を改善するための治療です。
 

 

 
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC傷病名入院契機症例数発生率
130100播種性血管内凝固症候群同一 0 0.00
異なる 13 0.21
180010敗血症同一 18 0.29
異なる 16 0.26
180035その他の真菌感染症同一 0 0.00
異なる 0 0.00
180040手術・処置等の合併症同一 22 0.36
異なる - 0.03
 ここでは、播種性血管内凝固、敗血症などの合併症の患者と発症率を集計しました。
 DPC病名と入院の契機となった病名が「同一」か「異なる」に分類して集計しています。

 「同一」はある病気の診療目的で入院し、その病気の治療を行ったということを表し、
 「異なる」はある病気の診療目的で入院したが、併発していた、もしくは入院中に違う病気が発症したことにより、その治療が主となってしまった場合を表します。

○播種性血管内凝固…感染症などによって起こる、全身性の重症な病態です。
○敗血症…感染症によって起こる、全身性炎症反応の重症な病態です。
○真菌症…真菌による感染症です。
○手術・処置などの合併症…手術や処置などに一定割合で発生してしまう病態です。術後出血や創部感染などが挙げられます。
 合併症は、どのような術式でもどのような患者さんでも、一定の確率で起こり得るものなので、医療ミスとは異なります。
※該当患者が10人に満たないため、患者数を非公表としています。
 
更新履歴
平成30年9月27日     29年度病院指標を公開