整形外科

整形外科

特徴

整形外科ではいわゆる「運動器」の疾患・外傷を扱っています。首から下、足の先までの骨、関節、筋肉、神経などが対象になります。

現在の常勤医師は3名で、整形外科専門医が2名在籍しています。

交通事故、労災事故、転倒などによる外傷は基本的にすべて受け入れており、良好な機能回復をめざして手術を行っています。

整形外科も細分化してきていますが、専門医が得意とする分野は、

・人工股関節置換術 
・超音波による乳児の股関節脱臼の診断 
・膝関節の関節鏡視下手術 
・肩関節の関節鏡視下手術などです。

この他の専門分野では、東北大学病院等からの応援を得て、可能な限り当院で対処するようにしています。

年間の手術数は、2015年度が460件でした。最も多いのは高齢者の転倒による大腿骨頚部骨折です。原則として手術を行っています。高齢者は内科的な疾患を合併している人も多いのですが、他科の協力も得て、できる限り安全に手術を行うように努力しています。またこの骨折ではリハビリを含めて一般的には2~3か月の入院が必要になりますが、急性期病院の当院では長く入院することが困難です。そこで、「大腿骨頚部骨折地域連携パス」を導入し、地域のリハビリ入院ができる複数の医療機関等と連携し、より高いレベルまで回復できるように取り組んでいます。外来診療は完全予約制ですが、予約されていても急患対応、緊急手術などでお待たせすることが多々あるようです。また入院病床が少ないため、日常生活が不自由な状態での通院治療や早期退院をお願いせざるを得ない場合があります。諸事情をご賢察のうえご理解とご協力をお願いいたします。

整形外科スタッフ中山明里(なかやまあかり)
整形外科長S61年
東北大学卒整形外科専門医

診療予定表

ブロックD

整形外科【予約制】

  午前
午後
備考
a 午前 中山明里 中山明里

 


(手術日)

中山明里 小川和浩  
b 小川和浩 小川和浩 菅原恒 菅原恒  
c 千田優子 菅原恒 千田優子 または
宗像秀樹(応援)
大柳琢(応援)  
d 秋元仁志  
リウマチ外来 宗像秀樹(応援)  
脊椎外来 松原吉宏
(応援)
第1及び
第3金曜日診療

 

スタッフ紹介

医師名 役職 卒業年 主な資格等 専門分野

中山 明里

(なかやま あかり)

整形外科長

1986年

日本整形外科学会 整形外科専門医

医学博士

股関節・関節鏡

小川 和浩

(おがわ かずひろ)

整形外科医長

 2003年

日本整形外科学会 整形外科専門医

股関節・外傷

菅原 恒

(すがわら こう)

整形外科医長

 2007年

 日本整形外科学会 整形外科専門医  外傷・骨粗鬆症

千田 優子

(ちだ ゆうこ)

整形外科医長

2005年

   

秋元 仁志

(あきもと さとし)

医師