臨床検査科

臨床検査科

【臨床検査科の仕事について】

臨床検査科は検体検査部門と生理検査部門に分かれています。

検体検査部門では採血、採尿された検体を中心に、各臓器の機能の検査を行い、癌、感染症、血液疾患等の診断と治療に大きく関与しています。

その他に病理検査があり、手術中に摘出された標本を病理医により癌の有無を診断し、手術中の縁の下の力持ち的役割を担っています。

○認定検査技師の紹介

認定微生物検査技師  1名

感染制御認定臨床微生物検査技師  1名

超音波検査士  3名

細胞検査士  1名

○精度管理について

外部の精度管理調査に参加しています。

日本医師会臨床検査精度管理調査

日本臨床衛生検査技師会精度管理調査

岩手県医師会精度管理調査

岩手県臨床検査技師会精度管理

その他精度管理調査

○チーム医療

感染対策チーム(ICT)

栄養サポートチーム(NST)

褥瘡委員会

○微生物検査

【一般細菌検査】

グラム染色(顕微鏡)、細菌培養検査、真菌培養検査、薬剤感受性検査

グラム染色:起因菌を推定し、培養・性状を確認して特定します。

薬剤感受性:感染の起因となっている細菌に有効な抗菌薬の検査をしています。

【結核菌検査】

結核菌染色、培養検査

○血清検査(感染症)

肝炎ウイルス検査(B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスのスクリーニング検査)

梅毒検査(RPR、TPHA)、

HTLV-Ⅰ(成人T細胞性白血病ウイルス)検査

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)検査

○    血液検査

血液一般検査(貧血、感染症などの診断・治療に有用)

赤血球・白血球・血小板などの数を測定し全身状態を把握する検査です。

凝固線溶検査(出血傾向や血栓症などの診断・治療に有用)

血液が固まるのを凝固といい、逆に血液のかたまりが溶けていくのを線溶といいます。出血の症状がみられた場合に行う検査です。

○    生化学検査

血液や尿などに含まれる様々な成分を分析して病気の診断、治療の判定など推測する検査です。

○    一般検査(尿検査)

尿中に存在する細胞やタンパク質、糖などにより身体の健康状態を把握する検査です。

○輸血検査

「安全で安心な輸血の実施」をスローガンに臨床検査技師が厚生労働省からの指針に輸血用血液の管理・検査を24時間体制で行っています。手術まで自己血を安全に保管しています

輸血用血液の管理

赤血球製剤、新鮮凍結血漿製剤、濃厚血小板、アルブミン製剤などの輸血用血液の検査

血液型検査、不規則抗体検査、交差適合試験

輸血療法委員会

当委員会は、医師や看護師、薬剤師、事務、臨床検査技師から構成されています。

 

○生理検査

生理検査は、生体内の微量電気発生や超音波による画像解析を中心に検査しています。患者さんに苦痛を与えることが少なく、循環器系や消化器系の疾患診断に有用です。

以下の項目が生理検査室で行われています。

Ctrlを押しながら検査項目をクリックすると説明を見ることが出来ます。

 

1  心電図検査

2   トレッドミル負荷心電図検査

3   ホルター心電図検査

4   24時間血圧測定付ホルター心電図検査

5   血圧脈波測定検査

6   肺・呼吸機能検査

7   超音波骨密度検査

8   心臓超音波検査

9   頸動脈超音波検査

10 腎動脈超音波検査

11 下肢動・静脈超音波検査

12 乳房超音波検査

13 腹部超音波検査

14 聴力検査(気導・骨導)

15 Baby聴力検査

16 聴性脳幹反応検査

17 脳波検査

18 皮膚灌流圧測定検査

19 神経伝導検査

20 睡眠時無呼吸検査(簡易型)

21 睡眠時無呼吸検査(終夜脳波)

 

※ 検査の種類により待ち時間が異なります。ご了承願います。

※ 同性の技師による検査をご希望の場合は、お気軽にスタッフにお話下さい。

なお、当日の人員により、ご希望に沿えない場合もございますのでご了承

下さい。