緩和ケア病棟のご案内

緩和ケア病棟のご案内

「いつでもどこでもその人らしく」 

当院緩和ケア病棟は岩手県で初めての緩和ケア病棟として平成18年4月に開設されました。

緩和ケア病棟 基本方針

患者さんの身体や心のつらさを和らげ、患者さん・ご家族の意志を大切にして「その人らしく」穏やかな毎日を過ごすことができるよう寄り添っていきます。

緩和ケア病棟でやっていること・できること

  1. 痛みやつらい症状(息苦しさ、吐き気、食べられない、眠れない、不安など)を和らげるよう支援いたします。
  2. 外泊や外出の際のお手伝いをいたします。
  3. 家族も泊まることができます。
  4. ティータイム(月2回)や、季節の行事(七夕、クリスマスなど)など様々な催し物があり、自由に参加いただけます。

入院の対象となる患者さん

当院では以下の4つの条件を満たした方が、緩和ケア病棟に入院できます。

  1. がんを患っている
  2. そのために体調が思わしくない
  3. ご本人が緩和ケア病棟入院を希望または同意している(ご本人が判断できない時は、ご家族が希望または同意している)
  4. ご本人は病状について説明を受け、承知している

※介護者・看護者が休むために一時的入院(レスパイト入院)もご相談に応じます。
※緩和ケア病棟に入院しての抗がん剤治療は行いません。(一般的に、通院できないくらいの体力の時の抗がん剤治療は、寿命を縮めると考えられているからです)

 
病棟の設備

病棟は5階にあり20床の個室(そのうち7床は有料)と2床室が2室あります。
個室には家族が傍にいることができるよう、ソファーベッドか畳スペースが備えてあります。
家族が泊まることの出来る家族控え室2部屋、ファミリーキッチン、浴室などの設備があります。病棟には屋上庭園が隣接されておりベッドのまま外へ出ることもできます。

 

スタッフ

医師 精神科医師 看護師 がん性疼痛認定看護師 緩和ケア認定看護師 看護補助者 薬剤師 管理栄養士 理学療法士 臨床心理士(公認心理師) 医療社会事業士(MSW) ボランティア

看護体制

3交代制(準夜勤務2名、深夜勤務2名)

ボランティア

1階にはがん家族サロン「こころば」があり患者さん・ご家族が気軽にお話が出来る情報サロンとして連携しています。
緩和病棟ではボランティアスタッフの皆さんが月2回のティータイムで様々な催しを企画し心和ませて下さいます。

 

 

 入院案内【PDF】


【相談窓口・お問い合わせ】
 岩手県立磐井病院 がん相談支援センター
 TEL:0191-23-3452  FAX:0191-23-9691