画像診断科・放射線科・放射線治療科

画像診断科・放射線科・放射線治療科

特徴

放射線科では、CT・MRI・血管撮影・核医学検査などの画像診断全般、画像ガイド下による生検やドレナージ、カテーテルを用いた血管内治療を放射線科専門医が担当しています。また、リニアックを用いた放射線治療を放射線治療専門医(平成27年7月より常勤)が担当しています。

放射線部門で保有している主な機器は以下のとおりです。
CT2台、MRI1台、血管撮影装置2台、ガンマカメラ1台、一般撮影装置3台、乳房撮影専用装置1台、X線透視装置3台、DRシステム(FPD12枚)、リニアック1台、病室用X線撮影装置3台、術中透視撮影装置2台

画像診断

画像診断とは、放射線、磁場、電磁波などを用いて、体内の状態を画像化して、病変を見つけて診断する方法です。X線撮影は最も古くからある画像診断法ですが、近年はコンピュータを導入した技術の進歩により、人体の内部を様々な方向から切った画像や3次元的な画像も撮影できるようになりました。
これらの画像診断法は、それぞれの患者さんの診断に最適と思われる条件で撮影してはじめて有用な情報を得ることができます。
当院では、熟練した診療放射線技師が、患者さんへの負担を最小限にしつつ、適切な画像診断ができるように努力しています。

【画像診断装置】

≫MRI(磁気共鳴画像診断)装置

1.5テスラの超伝導磁石をそなえたPHILIPS MR Intera Achieva1.5を導入し、全身各部位の画像検査を行います。MRIは放射線を使用しないため放射線被曝はありませんが、強力な磁石と電波を使用します。

≫CT装置

64列のマルチスライスCT SIEMENS SOMATOM Sensation 64/Cardiac64を導入しています。短時間で全身各部位の撮影を行うことができます。撮影方法により3次元画像を作成することも可能です。

≫RI(核医学)検査装置

東芝E・CAMを導入しています。主に骨転移の検索などに有用な骨シンチグラフィー、脳梗塞や認知症などの診断に役立つ脳血流SPECTを行います。

≫血管撮影装置

カーディアック&バスキュラー用デュアルプレーンパッケージSHIMADZU BRANSIST Safire DAR-9400f/UD150G-40/MH-200S/MH-300/KS-70を平成22年1月に導入し、全身各部位の血管撮影(アンギオグラフィー)を行います。17インチは主に腹部のIVR(血管形成術、血管塞栓術、薬剤の血管内局所注入)、9インチは主に心臓のカテーテル検査やPCI(経皮的冠動脈インターベンション)に使用します。

放射線治療

放射線治療とは、放射線を腫瘍などの病巣に照射し、細胞を死滅させる治療です。放射線治療に用いられる放射線はいくつかありますが、通常、放射線というと、X線や電子線、ガンマ線を照射する治療です。
当院で行う放射線治療は通常は1日1回照射、週5回照射で行い、治療回数は数回から37回程度まで、その人の病状によって変わってきます。1回の治療時間は10数分程度で、放射線のかけ方、放射線の量などによって違います。毎回病巣に正確に照射するために体にマーキングが必要になります。治療する部位によってはシェルというお面や型を作って、そちらにマーキングする場合もあります。
放射線治療自体は熱くも痛くも痒くもありません。照射回数が増えてくると、照射部位に反応が出てきて、皮膚炎や粘膜炎などの炎症が出てくる場合もありますが、治療が終了して、2~3週間もするとそれらの症状は落ち着いてきます。放射線治療単独の場合は通院での治療が可能なことが多くなっています。

【当院の主な放射線治療】

放射線治療装置(リニアック)はVARIAN CLINAC 21EX (OBI) を導入しています。
乳がんの術後照射(乳房温存療法における残存乳房接線照射、胸壁、鎖骨上窩照射など)、前立腺がん、転移性骨腫瘍などを行っています。回数は乳がん術後照射では25回から30回、前立腺がんでは35回から37回、その他数回から30回程度と病状によって変わります。

診療実績

■2017年1月1日~12月31日までの読影件数

CT 4206件
MRI 1129件
シンチ 299件
アンギオ 70件
一般撮影 8件
総読影件数 5712件

■2017年1月1日~12月31日までの放射線治療患者数

乳がん

47件
前立腺がん 27件
肺がん 8件
食道がん 6件
膵がん 12件
骨転移 42件
脳転移 16件
その他 34件
192件

診療予定表

ブロックC

画像診断科【予約制】

午前
午後
備考
午前 照山和秀 照山和秀  照山和秀  照山和秀  ―   

 

ブロックetc

放射線治療科【予約制】

午前
午後
備考
午前 阿部恵子 阿部恵子 阿部恵子 東北大学(応援) 阿部恵子  新患は火・水・金のみ
午後 東北大学(応援)

 

スタッフ紹介

医師名 役職 卒業年 主な資格等

照山 和秀            (てるやま かずひで)

画像診断科長兼放射線科長  

 1994

日本放射線学会 放射線診断専門医

医学博士

阿部 恵子
(あべ けいこ)

放射線治療科長

2005年

放射線治療専門医